【若手でも転職は出来る】12年目OTが語る仕事がつらいと感じるセラピストに伝えたいこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事がつらいと感じる理学療法士・作業療法士さんへ

こんにちは。作業療法士のテンパりOTです。

今日は仕事がつらくて
リハビリ職を辞めてしまおうと思っている方や
精神的に病んでしまいそうな方
向けてこの記事を書きました。

かつて私も仕事の人間関係に悩み
精神的に病むところまで
いってしまったこともありました。

その頃は若手で他の職場環境を知らないため
この職場で乗り越えられないなら
他に行ってもだめだと
上司や先輩に言われていたこともあり
今の環境で頑張らなくちゃと
自分を追い込んでしまっていました。

でも転職や色々な職場で経験を積んだ今だから言えます。

・仕事のつらさは人間関係で大きく変わります!
・新人・若手セラピストでも転職はできます!

3分くらいで読めますので、
後輩を心配する
先輩セラピストのおせっかいな話と
思って読んでみてください。

スポンサーリンク

仕事のつらさが人間関係で大きく変わる理由

セラピストのつらさは
業務内容から人間関係まで幅広いですが
結果的にそこを大きく左右するのは
直属の上司や先輩の人間性や関係性だと思います

・例えば、すごく難しいケースを担当しているときに

→親身にアドバイスやフォローをしてくれて
上手くリハビリが進み自分の経験値にもなった


→誰も自分の悩みを聞いてくれず
よくわからないままリハビリを続け
不安感だけが残った

この2パターンでは大分違いますよね?

・多職種との関係性に悩んでいるときに

→適切にフォローしてくれて
いざというときには守ってくれたので
関係性を改善できた。

→誰にも相談できず
多職種とのコミュニケーションが
怖くなってしまった

など例を挙げたらキリがないのですが
直属の上司や先輩の対応で
大きく変わるということがわかると思います。

ちなみに
新人さんや若手セラピストの業務内容について
プレッシャーや圧力をかけ続けてくる
上司や先輩は論外だと個人的には思っています
そういう人には出来るだけ
深く関わらないのが良いです。

しかし、どうしてもそうもいかず
精神的に苦しい思いをしているのであれば
転職を考えてみるのが良いと思います。

スポンサーリンク

新人・若手セラピストでも転職はできるの?

「他の病院はもっとしんどいんだよ」
「3年は1か所で働かないと」

と謎の呪文をかけられることも
あるのではないでしょうか?

でも大丈夫です。

若手でも転職してくる人は結構多いです。

現在、私は受け入れる側ですが、
経験年数はあまり気になりません。

それよりも、その人個人のキャラクターや
能力の方が圧倒的に大切です。

うちの職場でも1年で3人、
経験年数3人未満のセラピストが
転職してきていますが
フットワークも軽く
すごく活躍してくれています。
今ではうちの職場に欠かせない存在です。

もし人間関係に悩んでいて
セラピスト自体を辞めようと持っているのであれば
経験年数に関わらず、職場を変えてみてください。
職場が変わると自分の感じ方も絶対に変わります。

知り合いのツテで転職するも良いですし
ツテがなければ、転職エージェントに頼るのが
一番良いと思います。
自分の経歴や経験や希望する
条件を踏まえて条件に合った
職場をピックアップしてもらえます

(そして何よりすごいのが本人では聞きにくい
お休みについてやお給料の交渉をしてもらえます…!)コソッ

4年間学校で勉強し
国家試験もせっかく通って
これからというときに
セラピスト自体を辞めてしまうのは
本当に損です。


絶対に働く環境で大きく変わります。

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
この記事を読んでくださった方が
少しでも良い環境で
楽しく働けますよう願っています。

スポンサーリンク

私が転職時にお世話になった転職サイト

私が転職時にお世話になったのは
マイナビコメディカルでした。
無料で利用でき、求人数が圧倒的に多いです。
簡単な登録で条件の良い非公開求人もみれます!
マイナビコメディカル

この記事を書いた人
テンパりOT

イラストを描くのが趣味の作業療法士です。体操メニュー表を作るのに苦戦している現場のスタッフを見て、このイラストサイトを作ってみました。少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです

テンパりOTをフォローする
Uncategorized
スポンサーリンク
健康体操イラストの無料フリー素材サイト「りはぴく」
タイトルとURLをコピーしました